「武勇伝を語る上司」をヨイショするスキル8パターン

ちょっとした話題から上司の自慢話が始まるのは、よくあること。でも、上司からの評価が自分の査定に繋がるのなら、少しくらいヨイショをしても損はないのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「クール女子は見習いたい『上司が語る武勇伝』をヨイショするスキル」をご紹介します。

  • 【1】「その頃の写真とか見せてくださいよー」と、興味津々な様子でおだてる

    「過去の写真を見せてもらったら、さらに強調して褒めれば完璧」(30代女性)というように、「昔の俺はイケていた」と自慢する上司には、当時の写真をおねだりするといいようです。ここで注意したいのは、写真を見せられた時の反応です。薄毛の上司に、「キャー、髪がふさふさ」などと言うミスには注意しましょう。
  • 【2】「やっぱり、他の人とは違いますね」と、優越感を持たせる

    「海外生まれの上司には、いろんな意味を込めて『凡人とは違う』と強調する」(30代女性)というように、「特別な環境で育った、学んだ」上司には「あなたはオンリーワンだ」という部分を強調するといいようです。それに対して「自分は…」など、周りの注意が自分に向くような発言は避け、あくまでも上司に気持ちよく話してもらえるよう聞き役に徹しましょう。