「もっと仕事を任せたい」と思われるワザあり伝言メモ7パターン

電話の伝言メモや取引先からの言づてなど、上司にメモを渡す機会は多いでしょう。せっかくなら、「仕事ができる」と思われるメモを残したいものです。では、どんなものが評価アップにつながるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に「上司に『もっと仕事を任せたい』と思わせるワザあり伝言メモ」を探ってみました。

  • 【1】「至急!」「お手すきのときに」など、優先順位がわかるようなアイコンを付ける

    「忙しいときは、メモを選別する時間も惜しいので」(30代男性)という意見もあり、重要度が一目でわかるような工夫は喜ばれるようです。蛍光ペンやスタンプなどを活用して、優先順位を強調してみてはいかがでしょうか。
  • 【2】テンプレを作っていて、メモを残す時も作業の効率化を図っていることがわかる

    「オリジナルのテンプレートを使ってる子がいて、非常にわかりやすくて好印象」(30代男性)というように、従事している業務に特化したメモ用紙を自分で作成するのもいいでしょう。よく電話がかかってくる相手はリストにして、チェックを入れるだけの状態にしておくと、さらに時短効果がありそうです。