「それならしょうがない」と許してもらえる残業の断り方9パターン

「今日は早く帰りたい!」と思う日に限って、上司から残業をお願いされたことがある人もいるのではないでしょうか。断り方によっては相手の反感を買う可能性もあるため、言い方を工夫する必要があります。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『それならしょうがない』と許してもらえる残業の断り方」をご紹介します。

  • 【1】「家庭の事情で今日はちょっと…」と有無を言わさぬ空気を醸し出す

    「神妙な顔で言うと残業回避率が高いです(笑)」(20代女性)というように、突っ込みにくい空気を作ることで、定時での帰社を押し切れそうです。察しのいい上司が相手なら、「今日じゃないとまずいでしょうか…?」と、控えめに用事があることを主張するのもいいかもしれません。
  • 【2】「友達の婚約祝いなんです」と大事なお祝いの予定があると伝える

    「残業しろとうるさい上司も、婚約祝いだと話したらさすがに帰してくれた」(20代女性)というように、一生に一度のお祝い事には上司も寛大になるのかもしれません。ほかにも、「祖父母の誕生日」「友達の出産祝い」なども、同様の理由で納得してもらえそうです。