なんとしても有給をとりたいときの「とっておきの一言」8パターン

仕事が忙しくても、どうしても休みたいときがあるものです。では、上司にどんな伝え方をすれば、有給を確実にとることができるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「なんとしても有給をとりたいときの『とっておきの一言』」をご紹介します。

  • 【1】「もっと忙しくなる前に一度リフレッシュさせてください」

    「充電期間が必要だと言って納得させる作戦」(20代女性)など、今後の仕事を順調に進めるために「休みが必要だ」とアピールする人もいるようです。「繁忙期に入ったらしばらく休めないし…」と付け加えれば、状況が把握でき、あっさりOKをもらえるかもしれません。
  • 【2】「両親が生きているうちに親孝行がしたいんです」

    「『親を海外旅行に連れて行きたい』と言われれば、その邪魔はできないでしょう」(30代女性)というように、親孝行を理由にして、上司の情に訴えるのもいいでしょう。真剣に「両親が元気なうちにしておきたい」と主張すれば、特に娘を持つ上司の共感を得られるかもしれません。