隣に座る女性社員を「この子、彼女としてアリだな」と思った瞬間9パターン

  • 【4】「お疲れさま」とさりげなく自分好みのお茶を淹れてくれたとき

    「自分の仕事だけじゃなく、周りのことをよく見てるんだなあと感動」(30代男性)と、絶妙なタイミングで好みのドリンクを差し出すと、女子力の高さを見せつけることができそうです。日頃から隣席の彼が何を飲んでいるかチェックしておくと、ここぞというときに役立つでしょう。