「スマホばっかり見てないで家事を手伝って!」の上手なアピール9パターン

ヒマさえあれば、スマホ片手にSNSやゲーム、ネットサーフィンに夢中の夫。「そんな時間があるなら、少しは家事を分担してよ!」とイラッとしたら、どのようにアピールするといいでしょうか。今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『スマホばっかり見てないで家事を手伝って!』の上手なアピール」をご紹介します。

  • 【1】「もし今、急ぎの用事がなければ…」と夫の都合も考慮して切り出す

    「まずは『時間あるかな?』と確認する」(30代女性)というように、「スマホを見ている=ヒマ」と決めつけず、先に状況を聞いてみると、相手も身構えずに接してくれるでしょう。どんなにイライラが募っても、怒りを見せず、優しいトーンで話しかけたほうが素直に耳を傾けてもらえるかもしれません。
  • 【2】「私もやりたいことがあるから、協力して」と頼む

    「『あーっ、あと10分でドラマが始まっちゃう!』と超特急で皿洗いしなければならないことをアピール!」(20代女性)というように、ひとりだけ好きなことに没頭している夫に、罪悪感を抱かせてしまうのもいいでしょう。嫌味っぽく聞こえないように、明るく振る舞ったほうがよさそうです。