覚悟していたはずなのに…田舎に嫁いで後悔したこと9パターン


多少の不便は覚悟の上。大自然の中で愛する家族と過ごす幸せを夢見て田舎に嫁いだはずなのに、実際住んでみると、想像以上の出来事に面食らってしまう女性は多いようです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『覚悟はしていたはずなのに』と、田舎に嫁いで後悔したこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】集落全部がお姑さんのような「ご近所付き合い」

    「『ただの便秘で病院行ったんだって?』ってなんで知ってるの?」(20代女性)というように、ご近所からの過干渉にうんざりしている人は多いようです。確かに煩わしさもありますが「何もわからないので、色々教えてください」と上手にたてて可愛がってもらえば、「採れたて野菜が毎朝届く」といった田舎ならではのご利益も期待できそうです。