ぜったい産むべき!と勧める子持ちの友人をかわす方法9パターン


こちらの事情を顧みることなく、無邪気に出産を勧めてくる友人。プライベートな領域にズカズカと入ってくる人間性に疑問を感じつつも、キツくは言い返せないのが実際のところではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「子持ちの友人から『ぜったい産むべき』と言われたときのかわし方」をご紹介します。

  • 【1】「子どもができない人はどうしたらいい…?」と真顔で質問し、反省してもらう

    「『ハッ!』という顔したあと『ごめんね、ごめんね』の連呼。さすがに懲りてくれたかな?」(20代女性)というように、返答に詰まる質問をぶつけて発言を振り返ってもらうと効き目がありそうです。会うたびにしつこく言い募る友人には、一度ぐらいキツめのお灸を据えてもいいでしょう。