「夏休みの宿題」を子どもにやらせるための「親のサポート」9パターン

「えっ、宿題終わってないの!?」と、夏の終わりにカミナリを落とす事態は誰しも避けたいはず。上手に子どもを誘導している人はどんなやり方をしているのでしょうか。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『夏休みの宿題』を子どもにやらせるための『親のサポート』」を紹介します。

  • 【1】まずは、いっしょに「夏休みの計画表」を作る

    「『自由研究をお盆の帰省前に終えるにはどうすればいい?』と親子4人で話し合います」(30代女性)というように、家族会議で決めると子どもも自分の発言に責任を持ちそうです。「無理な勉強プランを立てない」のはいいとしても、「空き時間が多すぎてゲーム漬け」といった事態を招かないよう、注意したほうがいいでしょう。
  • 【2】要所要所に遊びの予定を入れて、宿題を仕上げる目標にする

    「『おばあちゃんちに行く土曜までに、漢字練習帳10ページ!』とかハッパをかける」(20代女性)というように、ゴールを設定することで、子どもなりの頑張りを期待できそうです。「毎週末に市民プールへ」など、短いスパンでレジャー計画を設けるほか、「パパの休みに合わせて旅行する」というように、目指す楽しみにもメリハリを利かせるといいでしょう。