割り勘でごめんね…と気にする男性の心を軽くするセリフ9パターン

割り勘のほうが助かるものの、「おごらなくていいのかな…」と必要以上に気にする男性も多いようです。では、お会計の度に男性にストレスを感じさせないためには、どんな言葉をかけるべきでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身男性199名に聞いたアンケートを参考に「デートの際『割り勘で申し訳ないな…』と気にしている男性の心を軽くするセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「おごられるほうが落ち着かないから」

    「言葉にしてもらえると安心する」(20代男性)など、おごられたい気持ちがないと伝えれば、「残念なヤツだと思われたらどうしよう」という男性の不安を軽くできるようです。ただし、「おごられたくない=好意がない」と誤解されないよう、「おごられても困る」などと迷惑そうな言葉にならないよう注意しましょう。