好きになってはダメ…でも素敵に見えちゃう「禁断の男性」9パターン

「禁断の恋」という言葉には、どこか甘美な響きが含まれるもの。周囲の反対や立場の違いといった障害があるほど燃えてしまうという女性も少なくないようです。そこで今回は、20代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に、「好きになってはダメな相手なのに…でもやっぱり素敵に見えちゃう『禁断の男性』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】女性の扱いになれすぎている「モテると噂の男性」

    「近寄るだけで好きになりそうで緊張する」(20代女性)など、女性関係の噂が絶えない「モテ男」に対して、不安を感じながらも惹かれてしまう女性は多いようです。まずは普通の友達として接しつつ、誠実に付き合える相手かどうかキチンと判断したいところです。
  • 【2】世代が違いすぎて好奇心が湧く「年齢が10歳以上離れている男性」

    「相手からは子供だと思われていそう」(20代女性)など、年齢が大きく離れている男性に惹かれるという女性も。世代差ゆえに恋愛対象として見てもらえない可能性もありますが、「一人の女性であること」を意識させられれば、案外上手くいくかもしれません。