【ランキング】「どう返せばいいんだ…」と男性が困惑するLINE・ワースト3

1373000119506 200x200

本人は何気なく送ったつもりでも、受信した側にとっては返答に困るLINEというものがあるようです。「LINEしてても楽しくない」と思われては恋愛においてマイナスになることも。そこで今回は『スゴレン』男性会員のアンケートをもとに、「『どう返せばいいんだ…』と男性が困惑するLINE・ワースト3」を発表します。

【1位】文字すら入力されていない「顔文字だけのLINE」(23票)
・「意味がわからないことが多いので返信のしようがない」(20代男性)
・「返答以前に子供っぽい印象も受けますね」(30代男性)
・「自分は意思が伝わっているつもりなんでしょうか? 自己中な人なのかなと思ってしまいます」(20代男性)

【2位】「週末、映画に行くんだ!一人で!」などの「個人行動予告LINE」(16票)
・「一緒に行きたいってこと? もしそうなら素直にLINEに書いてほしい」(20代男性)
・「どう返信するか悩んだ上で、『そーなんだ、楽しんできてね』と無難な言葉で返信しちゃうパターンですね」(10代男性)

【3位】「友達の○○ちゃん可愛いよね」などの「探りLINE」(15票)
・「何か試されてる感じがするし、どう返信しても地雷を踏む気がする」(20代男性)
・「心理戦というか駆け引きを仕掛けられると疲れます(苦笑)」(10代男性)


1位と2位に関しては、いわゆる「かまってちゃん」気質が出てしまっているのでしょう。また、1位~3位はいずれも、自分の気持ちだけを優先させ、受け取る男性の配慮が足らないのかもしれません。内容がわかりにくLINEや相手の男性を試すようなLINEは、不快感を与えることもあるので充分注意しましょう!(A4studio)

【調査概要】
対象:合計130名(スゴレン男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年6月30日現在