後輩に「それってイヤミ?」と勘違いされがちな言動9パターン


後輩に何気なく声をかけたら、怪訝な顔をされたり、機嫌を悪くされたりした…そういう残念な経験をした人も少なくないでしょう。何気ない一言を後輩が「イヤミなの?」と勘ぐってしまった原因とは、一体何なのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「後輩に『それってイヤミ?』と勘違いされがちな言動」をご紹介します。

  • 【1】「あなたならこんなの簡単でしょう」

    「そうやって、仕事を押し付けたいだけなんじゃないの?」(20代女性)というように、この言い方では、先輩が楽をするために褒めているだけだと感じる後輩も少なくないようです。もし仕事を頼みたいなら、「あなたにしか頼めないの」「忙しいところ申し訳ないけど」など、下手に出たほうがいいでしょう。