「夫の実家への帰省をパスしたいとき」の上手な言い訳9パターン

夫の実家に苦手意識を持っていたら、帰省に気が乗らないのは仕方のないこと。嫁としてしぶしぶ行っているのに、「休暇のたびに顔を出すのが当たり前」になっていたら、たまに「お役免除」を申し出たいのは自然な感情かもしれません。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『夫の実家への帰省をパスしたいとき』の上手な言い訳」をご紹介します。

  • 【1】「最近、疲れやすくて…」と体調不良を盾にする

    「『無理しないほうがいいかも』と深刻そうに訴える」(30代女性)というように、体の不調を理由にすると、夫も無理強いはできないでしょう。咳や吐き気など、感染症の疑いがある症状を大げさに伝えて、「お義父さんたちにうつると申し訳ない」と言えば、「気遣いのある嫁」という体裁も保てそうです。