忙しい男性社員が「いい子だな」と心を和ませる伝言メモ9パターン

  • 【7】「○○さん、急いでいました」など用件プラスアルファの情報も伝える

    「用件だけではわからない、伝言を受けた人ならではのコメントがあると助かる」(20代男性)など、どのように対応すべきか判断する際の材料を添えるのもいいでしょう。「至急!」「お手すきのときに」などといったスタンプを活用すると、ポイントがアップしそうです。
  • 【8】パソコン画面や電話機に貼って見落としを防止する

    「整理整頓が苦手だから、大事なメモが紛れてしまうことが…(苦笑)」(30代男性)といったズボラ系の相手には、見やすい場所にメモを置く配慮が喜ばれそうです。重要そうな案件なら、「先ほど、○○さんからの伝言を置いておきましたよ」と口頭で念押しすると、さらに感謝されるかもしれません。