下の子にジェラシー!抱っこをせがむ上の子のなだめ方9パターン

赤ちゃんが生まれると、上の子を構ってあげられなくなるのは致し方のないこと…。できるだけ上の子にさみしい思いをさせないように、少しでも配慮してあげるには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「下の子を抱っこしているとき、『ぼくも!』とせがむ上の子をうまくなだめる一言」をご紹介します。

  • 【1】「やってみようか」とふたり一緒に抱っこしてみる

    「『できるかなあ』と前ふりしつつも、とりあえずやる!」(30代女性)というように、もし無理そうだと思っても、まずは上の子の気持ちに応えてあげる姿勢をみせましょう。どうしても持ち上げられなければ、「お兄ちゃん、おっきくなったもんね。すごいね」と肯定的な言い方でその場をしのぐと、傷つけずにすみそうです。