義姉から微妙な「お下がり」を渡されたときの無難な対応9パターン

基本的には親切な行為なので、無下には断れない「お下がり」。とはいえ、扱いに困るモノを渡されそうなときは、どう対処するのが賢明なのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「義姉から微妙な『お下がり』を渡されたときの無難な対応」をご紹介します。

  • 【1】「ウチの子じゃ似合わないかも」と義姉の子を立てつつやんわり断る

    「『○○ちゃんと違って骨格がガッチリしているから着ると変かも…』と、フリフリの服を回避しました」(30代女性)というように、子どもの特徴からして似合わないと断れば角が立ちにくいでしょう。姫系やストリート系の服など、似合う・似合わないがハッキリしている服の場合、納得してもらいやすそうです。