年上の後輩から「やりづらいな」と思われずに仕事をするためのコツ8パターン

  • 【5】「いい方法があれば教えてください」と前職でのやり方を尊重する

    「なんでもかんでも、やり方を押し付けないほうがうまくいくと思う」(20代女性)というように、会社でのやり方を教えつつも、「前の会社ではどうしていましたか?」と逐一確認すると、相手も自分のペースを乱さずに仕事ができるでしょう。「必要最低限のルールだけ教えて、あとは見守る」くらいのスタンスでいたほうが、喜ばれるかもしれません。
  • 【6】飲み会や休憩中などは「人生の先輩」として扱う

    「たとえ後輩でも年上は年上だから、謙虚に接したほうがいいと思う」(20代女性)など、仕事以外では立場よりも年齢を重視する、という意見もありました。お酒の場やランチタイムには、恋愛などのプライベートな悩みを相談してみるのもいいでしょう。