「こんな子が家にいたらいいな」と感じる癒し系女子社員8パターン

  • 【2】ふとしたときに方言でおっとりと話す

    「いつもは標準語で話す子の、ふとした瞬間に出る方言に癒される」(30代男性)というように、仕事中に話した方言が知らず知らずのうちに男性を癒しているケースです。ただし、「方言ウケ」を狙うと、わざとらしさがにじみ出てしまうので、語尾を少し変える程度にしてはいかがでしょうか。