「あれ、先輩に無視されてる?」と感じたときの前向きな対応9パターン

  • 【9】チーム内の仲間など、業務上支障が出そうな人に仲裁を頼む

    「『仕事がしづらくなるから』と、第三者の立場から注意してもらいます」(20代女性)のように、誰かに無視をやめるよう諭してもらうのもいいでしょう。「仕事は仕事」と割り切るタイプの人なら、スムーズな業務遂行のために快く仲裁役を引き受けてくれそうです。

毎日顔を合わせる先輩とは、良好な関係を保ちたいものです。一方的に無視された場合は大人になって、相手の気持ちを和らげるよう努力するのが正解なのかもしれません。ほかにも、「『あれ、先輩に無視されてる?』と感じたときの前向きな対応」に関するエピソードがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock