子どもの教育に口出ししてくる実母をいさめる一言9パターン

テレビとの付き合い方から習い事、将来の進学先まで、何かにつけて実母が口出ししてきて、困った経験はないでしょうか。姑に比べて、実母は遠慮なく娘の家庭のことに踏み込みやすいため、こちらとしてもうまく退けたいものです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「子どもの教育に口出ししてくる実母をいさめる一言」をご紹介します。

  • 【1】「私を信じて! お母さんの子だもん」と母子の情に訴える

    「『もー、しっかり者の娘に任せてよ!』とけん制する」(30代女性)というように、「自分の子どもを信頼してほしい」というニュアンスで話せば、母も言葉が出ないかもしれません。ただし日頃から育児を手伝ってもらってばかりだと、「あなたには無理でしょ」とかえってヒートアップさせかねないので、注意しましょう。