「はいはい」とスルーされてしまう新婚女性のウザいトーク9パターン

  • 【9】「付き合って3カ月の電撃婚で…」などなれそめについて熱く語る

    「初対面で『あ、この人と結婚するんだ』って感じた話でしょ。でも、ぶっちゃけ妊娠したから焦って入籍したんだよね…?」(30代女性)というように、思い入れたっぷりの自分語りも、あまり熱心すぎると、変に深読みされる恐れがあります。どんなに幸せな話でも、「一度でお腹いっぱい」というのが聞き手の本音だと覚えておきましょう。

初々しい新婚トークも、聞き手の反応を無視したり、何度も繰り返したりすることで「ウザいのろけ話」になってしまうようです。幸せエピソードを披露する前に、まずは相手が興味を持ってくれそうかどうか見極めましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から17日(水)まで
対象:合計327名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)