「はいはい」とスルーされてしまう新婚女性のウザいトーク9パターン

新婚ホヤホヤのノロケ話を笑顔で聞いてくれる友人に、本音では「いい加減うっとうしい…」と思われているとしたら、心外ではないでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性327名に聞いたアンケートを参考に「『はいはい、わかりました』と流されてしまう新婚女性のウザいトーク9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「昨日、晩ゴハンを作ってくれて…」などと、口を開けば夫のことばかり話す

    「本当は微塵も興味ないけど、『いいなー』でごまかしている」(20代女性)というように、話したくて仕方のないことであっても、度が過ぎると聞き手を困らせてしまうかもしれません。相手の褒め言葉がワンパターンになってきたら、聞き飽きていると判断したほうがよさそうです。
  • 【2】「式場選びのこととか聞いてよ」などと、聞かれてもないのに先輩面をする

    「先に結婚したからって姉貴面ですか?」(30代女性)というように、「役に立ちたい」という親切心から出た言葉も、独身女性を不快にさせることがあります。結婚のあれこれをアドバイスするのは、何か相談されたときのみにしましょう。