こんな人だった?孫が生まれて豹変した義母の態度9パターン

義母とは無難につきあってきたのに、孫が生まれた途端、態度が豹変。嫁の迷惑をかえりみず、人柄まで変わってしまったように感じたら、どうすればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名を対象にしたアンケートの結果を参考に「孫が生まれて豹変した義母の態度」と、その対処法を紹介します。

  • 【1】とにかく孫に会いたくて、アポなし訪問を繰り返す

    「700kmも離れてるのに、毎週新幹線で突撃って…怖すぎ!」(30代女性)というように、あまりに頻繁な訪問にはウンザリすることもあるでしょう。「子守りを頼んで買い物へ!」(20代女性)などと逆に利用する手もありますが、事前連絡は徹底してもらったほうがよさそうです。
  • 【2】「将来は医者か弁護士」など、教育方針にうるさく口を出す

    「『早く家庭教師を見つけて、医学部受験に用意しなきゃ』って、息子は生後2か月です!」(30代女性)というように、孫に期待するあまり暴走してしまう義母にも頭を抱えてしまいそうです。楽観的に聞き流せない場合や、きっぱり断りたいときは、夫に間に入ってもらったほうがいいでしょう。