どんな顔をして聞けばいいのー!ママ友のぶっちゃけトーク9パターン

本来楽しいはずのママ友とのおしゃべりですが、内容によっては聞いているのが苦痛で、逆にストレスの原因にもなってしまう場合もあるようです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、返答に困ってしまうような明け透けすぎるママ友トークの数々と、その対処法をご紹介します。

  • 【1】「夕べ、ダンナがすごくって」など、こっちが赤面してしまうパパとの夜の報告

    「『夕べは3回だった』と言われて、ドン引き!」(30代女性)というように、リアルなH話には固まってしまうママも多いようです。ただ嫌がるだけでは「ノリが悪い」と思われてしまうので、「ダンナさんの顔が見れなーい」など、やんわり拒否反応を示しましょう。
  • 【2】「若作りすぎてみっともないよね」など、次から次へと湧いてくる別のママへの陰口

    「『あの人出しゃばりすぎじゃない?』なんて同意を求められても…」(40代女性)というように、欠席裁判が始まると、その場にいるのもいたたまれない気持ちになるでしょう。露骨に席を外すと今度は自分がターゲットにされかねないので、「ところで髪型変えた? いい感じ」などと上手に話題の切り替えを図りましょう。