入社後に「騙された!」と思った会社の残念な現実9パターン


企業サイトやパンフレットには、会社のポジティブな側面しか書かれていないもの。入社してから、現実とのギャップにガッカリした人は意外と多いようです。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに「入社後に『騙された!』と思った会社の残念な現実」を探ってみました。

  • 【1】着るのが恥ずかしいくらい制服がダサかった

    「オリエン時に制服を初めて見てのけぞっちゃいました」(20代女性)というように、面接時に本社勤務のスーツ姿の人しかおらず、実際に自分が働く職場の制服を見る機会がないまま出勤するケースもあるようです。「仕事着」と割り切れない人は、制服についてもきちんとリサーチしたほうがいいでしょう。