「この後輩、陰で私の悪口を言ってるな」と気づいたときの大人な対応8パターン

仲良くしている後輩が、実は自分の悪口を言っていた…なんていう状況は、非常に落ち込むものです。角を立てずにやめさせることができれば、それにこしたことはありません。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『この後輩、陰で私の悪口を言ってるな』と気づいたときの大人な対応」を探ってみました。

  • 【1】「いろいろ言ってるの、知ってるのよ」と余裕の笑顔でけん制する

    「知っていることだけ伝えて、あとは放置します」(30代女性)など、後輩に「気づいているけれど相手にしない」ということをアピールする人もいました。それでも改善がみられなければ、「まだ同じことをしてるのね」と一言お見舞いしてもいいかもしれません。
  • 【2】「私、何かマズイことしてる?」と探りを入れる

    「相手にも言い分があるだろうから、自分に落ち度がないかどうか確かめるかな」(20代女性)と、本人に原因が何なのか確かめてみるパターンもあります。その際には、相手の陰口を責めるのではなく、あくまで「私が何かしたなら、教えてね」と下手に出たほうが、本音を引き出せるのではないでしょうか。