「もうこんなところで働きたくない!」と思ったひどい職場8パターン

  • 【5】上司の「鶴の一声」で仕事がやり直しになる

    「『最初から言えよ!』と思うことが何度もあって、最悪だった!」(30代女性)など、上司の気まぐれに振り回されて痛い目にあったという人もいるようです。ストレスを溜めるよりも、「もっと良いものにするチャンス」と思って、前向きに取り組むと良いのではないでしょうか。