「もうこんなところで働きたくない!」と思ったひどい職場8パターン


オフィスの環境や人間関係など、いろいろなことが原因になって、働くのが嫌になったことがある人もいるでしょう。では、世の中にはどんなひどい職場があるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『もうこんなところで働きたくない!』と思ったひどい職場」をご紹介します。

  • 【1】忙しすぎて、サービス残業や休日出勤が当たり前になっている

    「定時なんてあってないようなもの。平均15時間は働いていました…」(20代女性)というように、長時間会社に拘束されることで辛い思いをした人もいるようです。「土日は働かない」「NO残業デーを作る」などマイルールを作り、自分の体を守る努力をしてはいかがでしょうか。

  • 【2】執拗な説教や罵声など、上司からの言葉のパワハラがひどい

    「毎日続くから、大きな声が聞こえただけでビクビクするようになってしまった」(20代女性)など、上司からの罵倒に耐えられなかったという人もいます。こういった場合は同僚と一致団結し、さらに上の上司に抗議するという手を取ることもできそうです。

  • 【3】「女だから」という理由で昇進できない

    「どうせ先に進めないことが分かっているから、仕事もやる気がしない」(30代女性)というように、性別による仕事の格差を感じると、働く気をなくす女性もいるようです。あまりにも納得できない処遇が多い場合は、転職して次のステップに進むという決断も必要かもしれません。

  • 【4】明らかに働いていない上司がいる

    「働かない上司の下にいると、仕事ばかりが増えて何もいいことがなかったです」(20代女性)など、使えない上司のせいで自分の仕事がムダに忙しくなるパターンです。他人は他人、自分は自分と割り切って、やるべきことに集中し、モチベーションを保つようにしましょう。

  • 【5】上司の「鶴の一声」で仕事がやり直しになる

    「『最初から言えよ!』と思うことが何度もあって、最悪だった!」(30代女性)など、上司の気まぐれに振り回されて痛い目にあったという人もいるようです。ストレスを溜めるよりも、「もっと良いものにするチャンス」と思って、前向きに取り組むと良いのではないでしょうか。

  • 【6】全員が噂好きで信用して話ができる同僚がいない

    「誰かに話すと、次の日には会社のほとんどの人が知っていて、この会社はやばいと思った」(20代女性)など、一緒に働く同僚のことを信じられなくなったパターンです。こういった職場では、ぽろっとこぼした愚痴が後々問題になる可能性があるので、会社での発言には十分注意しましょう。

  • 【7】「ノルマをこなすまで家に帰れない」などのきついペナルティがある

    「ありえない課題を押しつけられて、毎日『やめたい』と思ってます」(20代女性)と、あまりにもノルマが厳しい場合も「働きたくない」と思う原因になるようです。営業などの仕事に就く場合は、入社前に在職者の意見を聞くなどして、職場環境について調べておく必要があるのではないでしょうか。

  • 【8】先輩同士がいがみあっていて人間関係が悪い

    「気付いたら自分も派閥争いに巻き込まれていました(泣)」(20代女性)というように、他人のトラブルに巻き込まれて大変な思いをした人もいるようです。気の合う人と親しくなるのは悪いことではありませんが、職場ではある程度中立の立場を保った方が上手くやれそうです。

ほかにも「『もうこんなところで働きたくない!』と思ったひどい職場」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock