こんな子いいなあ…好感を持たれるランチタイムの振る舞い9パターン


お昼休みは、職務を離れて楽しいひとときを過ごしたいもの。誰もが少し「オフ」な気持ちになるランチタイムこそ、気になる男性社員の心を動かす好機かもしれません。そこで今回は20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートをもとに、「『こんな子と結婚したい!』と思われるランチタイムの振る舞い」を探ってみました。

  • 【1】レストランの店員にも感じよく敬語で接する

    「裏表のない感じにグッときます。長く付き合うならそういう子がいい」(20代男性)と、お客という立場にあぐらをかかない態度が男性の心を動かすこともあるようです。たとえお店のサービスに不備があったとしても、不機嫌な表情やキツイ言葉遣いで責め立てると、周囲の男性を引かせてしまうので、注意したほうがいいでしょう。