姑から味つけにダメ出しされたときのそつのない切り返し9パターン

  • 【5】「私は関西出身なんで、つい薄味にしちゃって…」と、育った地域の話に振る

    「『塩気が足りない』と言うので、『やっぱりそうですか? うどんのつゆも関西だと…』とか、地元トークに振った」(30代女性)というように、自分の味つけを「出身地のせい」だとして、そこからご当地ネタに話を逸らす手もあります。ただし、あくまでエピソードを提供するというスタンスで、地元自慢にならないようにしましょう。