年下に全く興味がなかった私をときめかせた後輩男子の一言9パターン

年下に興味はないと思っていても、「一緒に働いているうちに、不覚にもドキッとしてしまった」という人もいるはず。では、一体どんなことが恋心を抱くきっかけになりうるのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「年下に全く興味がなかった私をときめかせた後輩男子の一言」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんて、いつもいい匂いしますね」と、恥ずかしいことをさらりと言う

    「普段言われ慣れていないことを言われてドキドキ!」(20代女性)など、意表をつかれてトキメキを感じるという人も多いようです。日頃から身だしなみには気をつけて、後輩が思わず褒めてしまうようなステキな先輩を目指しましょう。
  • 【2】「僕、年上好きなんです」と軽くアピールする

    「『もしかして私のこと言っているの!?』と思わず勘違いしそうになります」(20代女性)というように、思わせぶりな言動にキュンとしてしまうという女性もいます。「年上好き」を公言する男子には、仕事をバリバリこなす姿など、年上の女性らしい魅力を見せつけて、いっそ虜にしてはいかがでしょうか。