夫の「微妙な手料理」を褒めてうまく伸ばすリアクション9パターン


  • 【9】「今度は一緒に作ってみよう」と提案する

    「『次は味付けのやり方とか教えて』と言いつつ見張る!」(20代女性)というように、建前としては夫に教えを乞いつつ、そばで料理する様子を見ながら、味見したりアドバイスしたりするのもアリでしょう。難点がたくさん目についても、控えめに口出ししながら、温かく見守る必要がありそうです。

夫の性格によって、有効なリアクションも違ってきそうです。どうすれば夫がヘソを曲げずに、向上心を持って料理に取り組んでくれそうか、夫のタイプを見極めて使ってみましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から18日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock