夫の「微妙な手料理」を褒めてうまく伸ばすリアクション9パターン


「夫が料理を担当してくれたら、毎日の家事がラクになるのに…」と考えたことのある女性は少なくないでしょう。たとえ作ってくれたとしても、味がイマイチだった場合、どう対応すればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「夫の『微妙な手料理』を褒めてうまく伸ばすリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「おいしい! もう少し塩を足すと完璧だね」と褒めてからアドバイスする

    「『うーん、おいしい! そうだなあ、パスタの茹で時間を短くすれば、もっといいかも』と助言は後回しにする」(30代女性)というように、大げさに称賛したあとに改善点を指摘すると、気分よく話を聞いてもらえるかもしれません。ダメ出しはいくつもせず、簡単な一点に絞ったほうが後味もいいでしょう。