どうしてもコレがほしい!オモチャをねだる子どもの諭し方9パターン

幼いわが子から、執拗にオモチャをねだられて困った経験のある母親は多いようです。「買えないよ」と言っても聞かないときは、子どもをどうなだめればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『どうしてもコレがほしい!』とオモチャをねだる子どもの諭し方」をご紹介します。

  • 【1】「次の誕生日にね」と特別な日に買おうと説得する

    「『入学祝いにピッタリ!』と別のタイミングならOKだと思わせる」(30代女性)というように、むやみやたらに買ってあげるのではなく、お祝い事のときだけと約束するといいでしょう。これを機に「オモチャは誕生日とクリスマスと…」などとしっかり取り決めをすれば、今後グズることも減りそうです。
  • 【2】「どうしてほしいのかな?」と理由をしっかり聞く

    「『これがないと困るの?』とか、とにかく対話する」(20代女性)というように、どうしてほしがるのか、わが子の話に耳を傾けると見えてくるものがありそうです。ひととおり吐き出せば、本人もすっきりして、たとえ主張が通らなくても、すんなり引き下がってくれるかもしれません。