スポ少でうまくやるために、親として心掛けたいこと9パターン


学校の枠組みを越えて、サッカーや野球などの競技に参加できる「スポーツ少年団」(通称スポ少)。心身の成長のために、わが子の入団を検討している人は多いと思います。そこで今回は20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「スポ少でうまくやるために、親として心掛けたいこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】当番が無理なときは「休む」のではなく「交代を頼む」のがベターである

    「『その日はちょっと』と逃げてばかりのママ。めっちゃ顰蹙です」(20代女性)というように、お世話係を休んでばかりいる保護者は、周囲の反感を買ってしまうようです。急用で欠席を余儀なくされたら、すぐにほかの日の担当ママに交代をお願いしてみましょう。