後味を悪くせずにセールスの電話を断る一言9パターン

自宅にかかってくるセールス電話。まったく興味がないのに、うまく断ることができずに困った経験のある人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「後味を悪くせずにセールスの電話を断る一言」をご紹介します。

  • 【1】「うちには必要ないんです」と明るく告げる

    「『せっかくですが、結構ですよ』とはっきり伝える」(30代女性)というように、口調はソフトでも、受け入れる余地がないことを、最初に明言しておいたほうがいいでしょう。ひと通り話したあとに、「ありがとうございます!」と感謝の言葉で締めくくれば、相手もそれ以上は突っ込みにくいかもしれません。