新婚時代、「マジで!?」とドン引きした義母からの宅配便9パターン

  • 【8】やたらファンシーなポーチなど、趣味に合わない「ハンドクラフト」

    「毛糸のベストなんて、部屋着でも無理!」(30代女性)というように、自分の好みを一切無視した手芸品を贈られるのは、苛立つものかもしれません。とはいえ、姑にとって手芸は「セカンドライフの生きがい」かもしれないので、無下に断らずにひとまず受け取り、あとはバザーにでも出してしまいましょう。