「すぐ処理しないと」と上司に急いでもらえる書類の渡し方9パターン

  • 【2】「先方が急いでいるみたいで…」と取引先の意向だと伝える

    「仕事相手を持ち出せば、一発です」(20代女性)というように、取引先が待っていることを伝えれば、腰の重い上司もすぐに動いてくれるのではないでしょうか。後で「先方も助かったみたいです」など、上司のおかげでスムーズに仕事が進んだことを伝えるとよさそうです。