「すぐ処理しないと」と上司に急いでもらえる書類の渡し方9パターン

デートや飲み会などの予定があって早く帰りたいのに、今日中に対応しなければならない仕事の処理が上司のところで止まっている…。そんなもどかしい経験をしたことがある人も多いでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『急いで処理してあげなきゃ!』と上司に思わせる書類の渡し方」をご紹介します。

  • 【1】「これお願いします」と書類を渡し、その場で待機する

    「そばに立って無言の圧力を与えてしまうことも(笑)」(20代女性)というように、忙しい上司が相手だからこそ、時には強引な手段も必要かもしれません。対応してもらえたら、「お忙しいところ、本当にありがとうございました」と、丁寧にお礼を伝えましょう。