義父に贈る「父の日カード」に書くと喜ばれるコメント9パターン

毎年6月の第3日曜日は「父の日」。夫の父親にカードを贈るとしたら、どんな言葉を添えるといいでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「義父に贈る『父の日カード』に書くと喜ばれるコメント」をご紹介します。

  • 【1】「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちを述べる

    「『帰省のたびに温かく迎えてくださって』と謝意を表す」(30代女性)というように、改まってお礼の言葉をつづれば、相手も気分がいいでしょう。ただし毎年カードを贈っていて、内容がかわり映えしないなら、「お正月はステーキをごちそうさまでした」など、最近の出来事にふれるとよさそうです。
  • 【2】「これからもお元気で」と健康を願う

    「『あまり飲みすぎないでくださいね』と体を気遣う」(40代女性)というように、身体をいたわる一言も、家族として相手を思いやる心が伝わりそうです。ただし、持病のある義父に「これからもお元気で」というのは「嫌味か?」と受けとられかねないので、うかつに使わないように注意しましょう。