セレブっぽいママ友宅を訪問するときの「無難な手土産」9パターン

いつもブランド服に身を包んでいるあのママから、突然、家に招かれた! 気の置けない仲間同士なら、手土産は袋菓子で十分ですが、セレブママ相手では、そうもいきません。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、頑張りすぎず、かといって見劣りもしない無難な手土産の例を紹介します。

  • 【1】近所でおいしいと評判の店の焼き菓子

    「生菓子だとお持たせを強要しているみたい。何かを手作りして用意してくれている可能性もあるから、日持ちのする焼き菓子がいい」(30代女性)と、実に周到なママの意見が。まだ付き合いが浅く、相手の出方が分からない場合は、このように先の先まで見越した準備をしたほうが無難でしょう。
  • 【2】個数限定、季節限定、店舗限定などの限定品

    「限定品であることが、セレブの自尊心をくすぐりそうだから」(30代女性)など、限られた人しか入手できないような品物も、贅沢に慣れた奥様には喜ばれるでしょう。販売期間が限られた生菓子なら、旬のフルーツが使われていたりすることも多いので、レア感と同時に季節感も演出できそうです。