子どもの「おなかいたいから園を休みたい」への上手な対応9パターン


さっきまで元気だったのに、突然「おなかがいたい」と登園を渋る子ども。幼いわが子の訴える体調不良が本当なのか判断に迷うとき、親としてどのように対応すればいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「仮病かどうか見極めが難しい『おなかいたいから園を休みたい』への上手な対応」をご紹介します。

  • 【1】「お医者さんに診てもらおう」と誘う

    「『病院に行かなきゃね』と言ってみて、嫌がったら仮病の可能性大!」(30代女性)というように、「お医者さん」「病院」などの言葉にどう反応するのかは、大きな判断材料になりそうです。受診は渋っても本当に痛みが強そうであれば、ただの医者嫌いかもしれないので、早めに病院へ連れて行ったほうが安心でしょう。