ずっと苦手だったお局様をちょっと好きになった奇跡の瞬間9パターン

働いていると、何かと口うるさくて面倒な職場のお局様にイライラすることも…。しかし、「できれば一緒に働きたくない」と思うほど苦手だったお局様のことを、ふとしたきっかけで「意外にいい人?」と見直すケースもあるようです。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「ずっと苦手だったお局様をちょっと好きになった奇跡の瞬間」をご紹介します。

  • 【1】失敗をしたとき何も言わずにフォローしてくれた

    「さらりとトラブルを解決して『大丈夫よ』と言われたときは、泣きそうになった」(20代女性)など、困ったときに助けてもらったことでお局様の頼もしさに気づく女性も多いようです。そういうタイミングで心からの感謝の気持ちを伝えれば、お局様との距離もグッと近づくのではないでしょうか。
  • 【2】体の不調に真っ先に気づいて早退を勧めてくれた

    「ちゃんと見てくれているんだなとびっくりしました」(20代女性)と、一緒に働く人間のコンディションを気づかう優しい一面を見て、お局様を見直したという意見もあります。口うるさいチェックもきめ細かい心配りの延長にあると思えば、そこまで腹も立たなくなりそうです。