嫁にしたくない…男性社員に嫌がられるランチタイムの行動9パターン

楽しいはずの同僚とのランチタイム。しかし、食べ方やお店での振る舞いひとつで幻滅され、男性社員から「恋愛対象外」とみなされてしまうこともあるようです。そこで今回は、20代から30代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「男性社員に『嫁にはしたくない』と思われるランチタイムの行動」をご紹介します。

  • 【1】「ダイエット中なんだー」と、大量に食べ物を残す

    「残すなら頼まなければいいのにと思う。食べ物を大事にしない子はイヤ」(30代男性)というように、食べ物を残すことに抵抗を感じる男性も多いようです。体調が悪い時などは別ですが、ダイエット目的で量を控えたい時は、最初からハーフサイズをオーダーしましょう。
  • 【2】お店の人の前で「美味しくない」と言う

    「作った人の前で平気で不満を言う人の気が知れない」(20代男性)など、相手の気持ちも考えずに思ったことをすぐ口にする女性に対し、「一緒にいたら大変そう」と感じる人もいるようです。不満を言うにしても、せめてお店を出た後にするなど、気遣いが必要ではないでしょうか。