「しょうがないなあ」と許してもらえるミスの切り抜け方7パターン

仕事でミスをしたら、きちんと謝るのが基本です。とはいえ、ちょっとしたミスをあまり深刻に謝ると、不必要に重い雰囲気にもなりかねません。その場を上手に切り抜けるにはどうしたらいいでしょうか。そこで今回は、後輩を持つ『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「くすっと笑わせて『しょうがないなあ』と思わせるミスの切り抜け方」についてご紹介します。

  • 【1】おおげさにびっくりしておおげさに謝る

    「あまりにリアクションが大きいと、『そこまで慌てなくても』という気持ちになる」(20代女性)と、過度に動揺してみせることで、相手に「それほどのミスじゃないから」と思わせることができるかもしれません。本気で「しまった!」と感じていることをアピールするのがコツだといえるでしょう。
  • 【2】「むも、申し訳ありません」と言葉を噛む

    「大事な局面で噛まれると、思わず『ぷっ』となる」(30代女性)と、うっかり言葉に詰まることが功を奏するパターンだと言えそうです。意識的に言葉を噛む必要はありませんが、思わず噛んでしまったときは照れくさそうにして、可愛げのあるところを見せてみるのもいいでしょう。