共働きか、専業主婦か? 年収600万円オーバーの男性が彼女に望む結婚後の生き方9パターン

幸せな結婚生活のイメージは男女によって差があるもの。彼氏が結婚後に妻に望む生き方と、自分が望む生き方に違いが出てくることもあるでしょう。そこで妻が専業主婦でも困らないであろう、年収600万円以上という高収入の25才から35才の独身男性215名のアンケートを参考に、「共働きか、専業主婦か? 年収600万円オーバーの男性が彼女に望む結婚後の生き方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】専業主婦になって子育てをしっかりしてほしい

    「子供には母親が必要だから」(20代男性)など、育児に専念してもらうために専業主婦を希望する男性もいるようです。結婚後も仕事をしたいのであれば、育児休暇などの福利厚生がしっかりしている職場への転職を検討するのもいいかもしれません。
  • 【2】専業主婦になって家事を全て担当してほしい

    「快適な家庭環境を整えてほしい」(30代男性)との理由で、専業主婦を希望する男性も。「家事は女性の仕事」という古い価値観を持つ男性はいまだ多いもの。仕事を続けたいなら、家事の分担について結婚前に話し合わないとケンカの原因になる危険があるでしょう。