そんなのどこで覚えてきたの!?幼い娘のおませ発言9パターン

見聞きしたことを何でも覚えてしまう5、6歳くらいの女の子は、ときどき大人びた発言をして、親を驚かせてしまうようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『どこで覚えてきたの?』とビックリした『幼い娘のおませ発言』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「最近、太ってきたみたい」と、今から体型を気にしている

    「『ウエストのくびれがほしいのよね』って、まだ幼児なのに無理ですから!」(30歳女性)というように、幼い子がスタイルを意識する様子に「その年で!?」と驚いたことのある親は多いようです。体重の増減を細かく気にする子には「これから背も伸びるのよ」などと声をかけて、安心させてあげましょう。
  • 【2】「顔なら○○くん、性格は△△くんね」と、男の子の品定めをする

    「『結婚するなら翔くんがいいな。大きなおうちに住んでるから!』と、5歳にして玉の輿願望丸出し(笑)」(30代女性)というように、小さいながらもクールに男の子を格付けする娘に面食らうこともあるでしょう。「異性への興味は成長の証」と思って、大らかに受けとめてもよさそうです。