急にそっけなくなった反抗期の息子と上手に付き合う方法9パターン

子どもが大きくなる過程で、反抗期はつきもの。頭ではわかっていても、「お母さん大好き」と言ってくれていた息子が急にそっけなくなると、大きなショックを受けてしまうに違いありません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「急にそっけなくなった『反抗期の息子』と付き合うための心得」をご紹介します。

  • 【1】「あの子も成長してるんだなあ」と大らかに受け止める

    「心も順調に育っている証拠だと思えば、前向きになれる!」(30代女性)というように、そっけなくなるのは成長の証だととらえることで、少しは明るい気分になれそうです。「反抗期がないと、あとで爆発して大変なことになる」と考えると、反抗期がきてよかったとさえ思えるかもしれません。