まだ親しくないママ友に聞くと警戒されること9パターン


顔見知り程度のママ友と話すときは、会話の内容にことさら気を使うものです。相手との距離を縮めようとして、適当な質問を投げかけたつもりが、ママ友の気分を害してしまうとしたら、元も子もありません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「まだ親しくないママ友に聞くと警戒されること」をご紹介します。

  • 【1】「ところで、おいくつ?」と年齢を聞く

    「『何歳? 私とタメぐらいだよね』と声をかけてきた園ママにビックリ!」(20代女性)など、何の前ふりもなく、突然年齢を聞かれることに不快感を抱く人は多いようです。わが子にさえ「ママは永遠の18歳」と偽る人もいるくらいなので、年齢に関する話題は避けたほうが無難でしょう。